総勘定元帳は転記するだけ

仕訳帳の基本的に書き方が解ったら、同じように取引がある度につける必要のある総勘定元帳の書き込みですが、これは、転記するだけのようです。

仕訳に書き込んだ、借方科目、貸方科目の各項目をそれぞれ一つの小グループとして作り、そこに取引の金額を上から順番に転記していくだけです。

こんな感じです。

現金、借入金という仕訳の内容があり、それぞれに基づいて総勘定元帳で項目を作ります。現金の3,000円は、借方科目に入っているので、総勘定元帳に転記する場合も借方。

借入金の3,000円は貸方科目に入っているので、同じように貸方に入れるという感じです。

まさに、転記するだけ!ですね。

この転記作業は、簿記検定を受ける場合は知識として必要ですが、基本的な仕訳が出来ていれば、弥生の青色申告だと自動で作ってくれるものだと思います。私も、そのうち購入するので、またその都度レビューを掲載していきます。