当座預金と小切手

紙幣と貨幣の現金以外にも、実質現金が動いているという扱いで商品を購入するものに有価証券(金券・商品券)などがあるという事を学びました。
そして、これ以外にも商品を現金扱いで購入する方法として、小切手があります。

小切手と言えば、映画などで大企業の社長が直接取引をする時に、「いくら欲しいんだい?」なんていうセリフの時に出てくるイメージしかありません・・・。

でも、個人事業であっても、小切手はそんなに遠い存在では無いという事がわかりました。そう思えた理由は、当座預金口座があれば誰でも小切手で商品を購入する事が出来るようになるという事からです。

小切手を使えるようになる為に、まずは、銀行で当座預金口座というものを作る事が必要で、その口座を持っている事で小切手と引き換えに銀行から現金を引き落とせるようになるそうです。

当座預金では、利息が付かないという部分での優遇は無いのですが、現金を持ち運ぶ事のリスクが少なくなるというメリットがあるようです。

それでは、その小切手を使用する場合は、どのような仕訳けになるのか・・・。

【例】30,000円分の商品を小切手で仕入れた

この場合は、現金として扱える小切手での支払いなので、思わず減った資産は現金という気がしてしまいますが、実際には当座預金の残高が減る事になるので、当座預金(資産)が減った扱いになります。

小切手で支払った場合は、当座預金の減少

それなら、小切手で支払われた場合は?
この場合は、商品を購入した人(会社)の当座預金残高が減るという扱いになるのですが、こちらには関係ありません。

こちらとしては、それを銀行に持っていく事で現金を引き落とす事ができるので、現金が増えたという扱いになります。

【例】15,000円の商品を小切手で販売した

小切手で受け取った場合は、現金の増加

ただし、小切手を銀行で現金にせず、そのまま自分の当座預金に預け入れた場合。この場合は、現金ではなく当座預金が増えたという扱いになります。

【例】受け取った小切手(15,000円分)をそのまま当座預金に預け入れた

小切手で支払う場合、または、受け取る場合とその後の扱いによって、複数の仕訳け方があるという事なんですね。