ようやく一読・・・

日商簿記の参考書、2種類をようやく一読しました。
最初は、日商簿記光速マスターだけだったのですが、途中から、実際に仕訳帳や総勘定元帳などを作成しながら行う為に、新たに、マンガ早わかり簿記入門を購入、どちらも、ようやく一巡したというところです。

読み終わっての率直な感想は、覚える事が沢山有りすぎるなという所でしょうか・・・。

普段の仕事で関わりがある部分は、こなしていくうちに覚えられるという気がしますが、商品の仕入れに関わる処理や手形など、普段全く使用しないものも多いので、その辺りがネックです。

考え方を切り替えれば、将来的に、商品を売買する事業を開始する事も無きにしも非ずなので、その時の為にしっかり覚えておけば、新事業の開始がスムーズになるかもしれませんね。

二つの参考書を読み比べての感想は、明らかに、日商簿記光速マスターの方がシンプルで解りやすいです。

マンガ早わかり簿記入門の方は、マンガを用いる事で潜在的な難しさを和らげる事が出来ているかもしれませんが、「簿記って複雑だな・・・」と思ったという事は、内容も難しいんだと思います。

二つを読み比べる事で違った視点から考えられるので、理解を深めるという意味では良い気がしますが、基本をしっかり覚えてから読むべき本だと思いました。

ひとまず、日商簿記光速マスターの方をもう一読してから問題集に取り掛かりたいところです。