日商簿記3級合格できました

2012年の6月10日に函館会場で行われた日商簿記検定3級に、無事合格できました。
初めての簿記検定試験だったので不安だったのですが、合格できて良かったです。

受験番号と合格発表のデータです。

合格率は、46%程度でした。

試験の本番では、計算ミスをしてしまって、同じ問題を何度も計算しなおして大幅にタイムロスをしてしまったのですが、時間が足りなくギリギリでした。見直しまでしっかり出来なかったのが残念。

これを書いている段階では、正式な合格発表通知が届いていないので採点内容はわかりません。後日掲載したいと思います。

今回の試験までの準備としては、日商簿記光速マスターの3級の参考書の勉強から入り、その後、問題集の応用問題をひたすら解くという勉強方法をしました。

何度も同じ問題を解きながら、自分のミスを減らすという方法で、複合プリンターで問題をコピーしながらひたすら解く。この反復です。同じミスを何度も繰り返してしまったのですが、自分のミスしやすいポイントが見えるようになる練習にはなりました。

ただし、私の使用した参考書の「10日で合格」というのは、私の脳内スペックでは絶対に無理なように思いました。工業系の大学出身で、30歳を超えてからまっさらの状態から経理の勉強をしたので最初は本当に意味がわからなかったです。

同じように、ウェブサイトを運営して同じ参考書を使用している方の情報では、余裕で受かったと書かれていてうらやましかったのですが、一通り理解するのに本当に時間がかかりました。

でも、個人事業主として、自分でお金の管理まで出来れば、誰かに頼る必要も無くなるし自分を取り巻くお金の流れが理解しやすくなります。その為にも、最低限の知識として簿記の資格は、持っておいて良かったかなと思っています。

そういう目的意識が有った事が勉強意欲に繋がったのかなと思います。
必要性が高ければ、なんとかなるかもしれませんね。

合格する為の近道として、付け焼刃でも良いのであれば、ひたすら問題を解いて引っかかった所は参考書を開いて勉強するというのが一番効率的かなと思います。