節税の為に法人化は本当にメリットがある?

この疑問は、個人事業主であり、利益が膨らんできたと感じた場合に、必ず気になるような事かもしれません。

こういうのは、実際にやってみなければわからない部分もあります。
ですので、法人化した経験から少しお話してみたいと思います。

一言で表すなら、「面倒が増えるのは確実」です。

今までは、個人で青色申告も行い、経理なども一人でやってきたので、そこで完結しているのが一番手間も無く楽でした。

しかし、法人化すると未知の事が多くなり税法に詳しいアドバイザーの助けが必要となります。
一人で調べて解決する事も可能ですが、そういう時間が勿体ないし時間をかけて調べても正解とは限らないので、聞いた方が早くて正確です。

ネット上の情報は信憑性の薄いもの、内容の偏りがあるものも多いので、参考書のようなわけにはいきません。特に、税法など、内容がコロコロと変わるようなものに関しては…。

という事で顧問税理士料金が発生します。
その費用は、月々2万円程度。

売り上げに応じて費用が変わってくる税理士に申し込んでいるので、今後の展開次第では、更に報酬が高くなる可能性もあります。

なので、月々、少なくとも2万円の固定費がかかってくる上に、決算に関わる処理など、20万円〜30万円ほど一度にかかってきます。

つまり、年間で…。

2万円×12ヶ月+20万円=44万円

少なく見積もっても44万円の固定費がかかるだけでなく、法人化費用として、提携する司法書士の費用や印紙代など含めて15万円ほどが別途必要となります。

更に、数年後に税務調査になる場合、税理士の立ち会いとなれば、1日当たり5万円程度の税理士報酬が必要となったり、他地域の税理士を利用している場合は、出張費も実費で必要になってくるなど、コストが嵩みます。

士業に対するジレンマを感じるかもしれません。
これを「節税になるから」と何の疑いも無く利用するというのは、若干、感覚が麻痺しているのではという違和感を覚えます。

稼ぐ事に集中し、税理士報酬の何倍も利益を増やす事が出来るとなれば、利用して正解だったと言えるのではないでしょうか。

また、このような費用に加えて提出書類などが様々必要となり、これらの手続きが完了するまでに、大体1ヶ月程度かかります。

法人口座を用意するなら、その審査がスムーズに行って3週間程度かかるだけでなく、提出書類が間違っていたらやり直しとなり、結果、2ヶ月位かかる場合もあります。

業務に関わる一連の作業を一人で行ってきたなら、当分の間は、落ち着かずに作業がストップしてしまうと思います。

更に、役員報酬の金額や支払時期を決めたりするのに、一人でも議事録を作成する必要が有ったり、法人住所を移転する場合、その都度、一つの法務局に3万円の手数料がかかったりします。

住所も公開されるので、自宅住所で登記した場合は、自宅に色々なところからパンフレット広告などが送られてきたり、地域の経済ジャーナルに代表者名と共に掲載されるので、あれこれ言われる事もあります。

例えば、資本金の額に関してなどで。

このように、個人事業の頃と比べて、秘匿性も無く、お金に関しても自由な動きが取れなくなるという実感は強いです。これらの手順を踏まないと、次に進めないようなところがあるのが気になります。

なので、自己意思で臨機応変に立ち回って仕事をしていきたいと思うなら、法人化まで考える必要があるのか正直微妙に思えます。

では、こんな面倒な事が多い法人になぜなるのかというところですが、節税や社会的信用の獲得という意味が大半なのではないでしょうか。

旅費規程などを設ける事により、社内規定に則った支払い方法を選ぶ事が出来るので、結果的に実費精算する必要がなくなります。また、その際に日当を支払うなど出来るようになるので、ここが一つの節税ポイントでしょう。

また、共済などを利用する事によって、それらを費用化する事が出来るので、その分の利益を抑える事が出来ますが、これは、利益の先送りになるので、解約し受け取る時には、その年の利益となります。

ですが、この利益も赤字となった場合の補填と利用するなどの方法もあります。

法人も青色申告となるので、赤字を繰り越し、将来の黒字と相殺する事も出来ますが、共済を使う事でそうした方法も可能となります。

例えば、役員報酬は、固定でなければ費用として認められないので、毎月、定額、同日に支払う必要がありますが、もしも、法人のキャッシュが減った場合には、そういう方法も可能だという事です。

とまあ、まだまだ色々な方法はあると思いますが、色々な方法が使えるようになる法人は、その分、行き当たりばったりに出来ない事も多く、前もって計画的に入出金をコントロールしていかなくてはなりません。

こういうのが得意なら面白いと感じられるかもしれませんが、今までやる必要性のなかった面倒なことも増えます。

「そこまでして、節税する必要があるのか?」

と、自分に問いかけ、必要性を感じるなら法人化。
必要性を感じないなら個人事業のままでも良いように思います。

後学の為に何でも経験した方が良いこともありますが、その分、費やさなければならない時間も増えるので、ある程度の計画性が必要となってくると思います。