費用関連の仕訳

実際に私が行っている費用の仕訳内容を中心に掲載しておきたいと思います。間違いがあるかもしれませんので、一つの参考事例として確認して下さい。
新たな支払が増えた場合は、随時追加していきたいと思います。

この表は、確定申告の用紙の順番に近い並びにしてあります。

科目関係する費用
外注工賃外注に支払った報酬
租税公課※1重量税
印紙税
罰金・交通反則金(損金参入不可
荷造運賃(荷造発送費)送料(着払い・発送)
水道光熱費電気代
水道代
灯油代
旅費交通費ガソリン代※2
旅行・宿泊代
高速道路利用料金
駐車場利用料金
出張先での食事代
通信費サーバレンタル代
ドメイン使用料
プロバイダ使用料
インターネット回線使用料
携帯電話
広告宣伝費グーグルアドワーズ広告費用
ヤフーリスティング費用
損害保険料自賠責保険料
任意保険料
生命保険
消耗品費※3ティッシュ代
パソコン関連
クリアファイル
ノート
筆記用具
雑誌購入代
書籍購入代
ソフトウェア
車両関係費(車両費)※4タイヤ購入代
車輌部品代
ナンバー交付
オイル交換代
ウォッシャー液
雑費ウェブ関係のライセンス使用料

(※1)一応書いておきますが、所得税・住民税は、租税公課には含まれません。また、罰則金は仕訳は出来ますが、損金参入は出来ません。

(※2)ガソリン代は、旅費交通費に仕訳していますが、車関係を一括して車両費にまとめるというやり方もあります。

(※3)10万円以下の場合は、消耗品にまとめてあります。事務用品や書籍を分けるというのも有りですが、申告の時にまとめられたのでそれを採用する事になりました。

(※4)ガソリン代以外の車関係の支出は、車両関係費にまとめてあります。