プライベートでのカード利用分

私のように、元々はWワークとしてやっていて、収入が増えてきたので本業に切り替えたという方であれば、わざわざ事業用の銀行口座やクレジットカードを持っていない場合も多いと思います。

なので、事業での経費などの支払いとプライベートなものを購入した際の支払いが一緒になってしまうものですが、この時の仕訳で注意しなければならないのが、100%プライベートな場合の支払いを含むクレジットカードの引き落としについてです。

【例】クレジットカード利用分として、普通預金口座から30,000円が引き落とされた
   そのうち、12,000円は完全にプライベートな利用
   尚、未払金に関しては、経費として仕訳済みとする場合

未払金(負債)の減少なので借方に記入
事業主貸(資産)は増加する扱いとなり借方に記入
普通預金(資産)の減少なので貸方に記入

また、未払金の中には、ガソリン代を支払う場合の例のように、事業割合で仕訳けられているものもありますので、未払金の中にも事業主貸分が含まれているという事になりますが、これは、前もって仕訳しているので問題ないと思います。

経費がいくらなのかという事と、現金でいくら動いたのかという事がはっきりしている事が大切だと思います。事業主貸は、返済の義務が無いので気にする必要はありませんが、未払金の中にも含まれているという事を忘れて二重帳簿してしまうのだけ気をつけるべきなのかなと思いました。