楽天ポイントの扱いについて

楽天市場を利用する人ならわかると思いますが、楽天のIDを持っていれば楽天アフィリエイトを行う事が出来ます。もちろん、私も、楽天アフィリエイトを利用してポイントを稼いでいます。

楽天アフィリエイトの猛者の中には、毎月100万ポイント!なんて人も居るようですが、私は、毎月1〜2万ポイント程度と細々とやっている感じです。
この稼いだポイントも、確定申告の対象として計上しなければなりません。

アフィリエイトで稼いだ楽天ポイントは、商品を購入する事が出来たり、手数料を支払うことで現金に換えることも出来るので、列記とした収入です。その為、確定申告の際には、楽天ポイントのレート(1円/1ポイント)で換算して収入とする必要があります。

ただし、この時に少しややこしい事があります。
それは、商品を購入した事で貰ったポイントも一緒になるという事です。この時の仕訳についてどうすれば良いのかについて、ちょっと複雑に書いている情報を拝見した事があります。

  • 稼いだポイントと商品を購入して付与されたポイントが一緒になる
  • どちらのポイントを使ったのかわからないから仕訳がしにくい(?)
  • 事業に関係する商品を楽天ポイントで購入した時はどうすれば・・・

というような事だったのですが、ここは難しく考える必要は無いと思います。

楽天ポイントを使用して、それが、楽天アフィリエイトで稼いだものでも以前商品を購入した時に付与されたものだったとしても、どちらも、現金として仕訳をすれば問題ありません。

大切なのは、楽天ポイントをいくら使ったのか、または、残っているのかという事ではなく、事業に必要なものにいくら使ったのかという事です。

なので、私の場合は、事業に関係するパソコン周辺機器の購入などに、楽天アフィリポイント+商品購入による付与のポイントを全て使ったとしても、全て経費として仕訳をします。

【例】事業で使うために3,000円の外付けHDDケースを楽天内のショップで購入した
   全て楽天ポイントで決済した場合
   (送料は考えないものとする)

ポイントは、そのまま現金(資産)として記入
パソコン周辺機器は、私の場合は消耗品として仕訳

たぶん、これで問題無いと思います。
もしかすると、事業主借(個人事業主のプライベートな資金を一時的に使用したとして)で仕訳をする方法があるかもしれませんが、私は、そこまでしません。